フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 地下鉄談合と公取の刑事告発 | トップページ | 時効は何年ですか?(時効談義:その1) »

2007年3月 1日 (木)

メタタグへの商標記述と商標権侵害

ウェブサイトのトップページのhtmlファイルに、メタタグ(METAタグ)として登録商標に類似の言葉を記述した事案で、この記述が商標としての使用に当たるとして、商標権侵害に基づく損害賠償請求を認めた判決です。

平成17年12月8日大阪地裁判決(確定)〈判例時報1934号109ページ~〉

この事案では、原告の商標権と被告の使用した言葉(標章)とが類似と言えるか、についても争点となっており、判決はこれを肯定していますが、これは一般の商標権侵害の訴訟でもよくある争点です。その他にも、先使用権や損害額算定などの争点もありますが、ここでの検討は省略します。

メタタグ自体、通常はブラウザでサイトを閲覧しても見ることはできないものであるため、これに記述した言葉について商標権侵害が問えるか、という点が問題となりました。(※なお、平成14年の商標法改正によって、インターネット上の標章の使用についても商標の使用となる規定されています。)

メタタグの記述もいろいろ種類があり、ここでは説明を省きますが、ここで問題となった記述については、グーグルなどの検索サイトでサイトが検索表示された場合に、そのサイトの説明として、表示されるようになっています。逆に言えば、検索時にそういう表示がされるようにメタタグに記述していることになります。

例えば、私の事務所のホームページを「春陽法律事務所」をキーワードとしてグーグルで検索してもらうと、事務所サイトのタイトルの後に『春陽法律事務所〔弁護士石田文三:川村哲二:昇慶一〕】大阪の法律事務所です。法律相談(民事・刑事)、顧問契約などお気軽にご連絡ください。・・・・・』などという説明文が出てきます。この文章は、ウェブサイトを記述するhtmlファイルの中にメタタグとして書かれているのですが、事務所サイト自体を閲覧しても出てきません。そういったメタタグについての事案です。

そして、この判決は、「・・・・検索サイトにおいて表示される当該ページの説明についても、同様に、その役務に関する広告であるというべきであり、これが表示されるようにhtmlファイルにメタタグを記載することは、役務に関する広告を内容とする情報を電磁的方法により提供する行為にあたるというべきである。」としました。

そして、サイト自体の表示にはどこにも、当該類似標章がないから商標の出所識別機能は害されないとの被告の主張に対しては、「・・・・検索サイトにおけるページの説明文の内容と、そこからリンクされたページの内容が全く異なるものであるような場合はともかく、ページの説明文に存在する標章が、リンクされたページに表示されなかったとしても、それだけで、出所識別機能が害されないということはできない。」としました。

この判決を素直に読めば、このケースは、検索ソフトでの検索画面上、説明文として出る以上は広告であり、商標権侵害に該当するということであり、もし、メタタグの記述といっても、説明文として表示されない部分への記述であれば、逆に、商標権侵害とはならないということになりますね。それは「商標としての使用」が要件である以上、当然ともいえます。しかし、その場合でも検索時のキーワードとしてひっかけるためのメタタグへの記述の場合は商標権者の立場としては微妙な問題も生じてくる可能性もあるような気がします。もっとも、最近の検索サイトはメタタグの記述内容は重要視していないようにも聞きますので、だとすると、あまり関係ないかもしれません。ただし、外国の裁判例では、このような場合にも侵害を認めている例もあるようです。

この判決については、板倉集一姫路獨協大学教授による評釈が判例時報1953号(213ページ~)に掲載されており、判決に疑問を呈しておられます。参考文献等も引用されていますので、興味のある方はご覧ください。

※※このココログ・ベーシックでも、xfy Blog Editor (JUST SYSTEM)が使えることが分かりましたので、それをちょっと使って投稿してみました。※※

« 地下鉄談合と公取の刑事告発 | トップページ | 時効は何年ですか?(時効談義:その1) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/14089795

この記事へのトラックバック一覧です: メタタグへの商標記述と商標権侵害:

« 地下鉄談合と公取の刑事告発 | トップページ | 時効は何年ですか?(時効談義:その1) »