フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 消滅時効期間(時効談義:その6) | トップページ | 消滅時効期間の起算点(時効談義:その7) »

2007年3月23日 (金)

著作権侵害不存在確認

 おふくろさん問題と同じく、著作権の関係で、槙原敬之氏が漫画家松本零士氏に対し、裁判を起こしたと報じられています。以下、推測を交えた内容ですので、間違ってたらごめんなさい。

 スポーツ紙の記事から見れば、「盗作の証拠提出を求める訴え」を起こしたとなっていますが、記事の他の部分の内容から考えて、槇原氏側は、「著作権侵害不存在確認等請求」を起こし、その裁判で松本氏側が著作権侵害だとあくまでも争うならば、どこが著作権侵害なのか主張し立証せよ、という形になっているものと推察されます。このような訴訟の場合、著作権の侵害行為については、それがあったという側(つまり、本件では被告の松本氏側)が立証責任を負うことになっています。まぁ、そのことをひっくるめて、スポーツ紙は「盗作の証拠提出を求める訴え」と表現しているのではないでしょうか。

 また、記事によれば、「証拠がない場合には、2200万円の損害賠償も求めている」とされているのですが、これもちょっとそのままは理解しにくい。これも想像を含めていえば、2つの場合が考えられのかなと思ってます。

 1つは、上に書いた著作権侵害不存在確認請求と一緒に、損害賠償請求を引っ付けている。つまり、松本氏側が槇原氏の作品は著作権侵害だと言った行為は、虚偽の事実を言いふらして槇原氏の名誉などを傷つけたり、仕事に影響を与えたりした、ということで、違法に損害を与えた、つまり不法行為(民法709条)に該当するので、損害賠償請求も行っているような場合。

 もう1つは、今の所、著作権侵害不存在確認請求だけの裁判だが、松本氏側が著作権侵害について立証できないような場合には、損害賠償請求を追加しようと準備している場合。(でも、2200万円ってはっきりと金額出てるものなぁ。やっぱり前者かな。)

 〈この事案の要旨〉

 昨年、松本氏が、槙原氏の作ったの歌詞の一部が「銀河鉄道999」のセリフを無断使用しているとした問題。槇原氏の歌詞は「夢は時間を裏切らない。時間も夢を決して裏切らない。」。松本氏の「銀河鉄道999」の「時間は夢を裏切らない。夢も時間を裏切ってはならない。」のセリフの盗作だとマスコミに主張。

« 消滅時効期間(時効談義:その6) | トップページ | 消滅時効期間の起算点(時効談義:その7) »

ニュース」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

あまりにも似ているので そうおもわれるのか。

そっくりではなくても 著作権にかかるか

法律家でないとわからない。

みなさん どうでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/14358750

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権侵害不存在確認:

« 消滅時効期間(時効談義:その6) | トップページ | 消滅時効期間の起算点(時効談義:その7) »