フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« (続)譲渡担保についての最高裁判決 | トップページ | TBCの個人情報流出判決 »

2007年2月 7日 (水)

検索サイトについて思う

 先日来、検索サイト(グーグルやヤフーなど)について勉強してますが、登録やら検索のシステムというのも、なかなか奥が深い。SE0(search engine optimization 検索エンジン最適化)という用語も初めて知りました。

 検索サイト別にいろいろと登録してもらえるテクニックやら、検索順位を上位に上げる方法などの情報も、いろいろとネット上にありますが、100%信用できないのですね。これには、検索サイト側が情報をオープンにしていないこと、それに、検索サイト側も検索エンジンの変更をしたり、不正対策などについていろいろと対応を変えたりしているので、古い情報ではあまり役にたたないこと、などの事情もあるようです。

 で、こういう情報を検索すると、有料で登録代行だとか、検索順位をアップさせるなどという売り文句で宣伝している業者がたくさん出てきます。業者によっていろいろですが、例えば5000円くらいの費用で依頼できるようなところも多いようです。実態は知りませんが、私も消費者問題を長年やっている経験から言うと、悪徳詐欺商法の格好の舞台になっているような気もします。登録等の対策といっても、何をしているのか、理解できない利用者も多いはずですし、その対策によって登録されたのかどうかなど調べる方法もありません。5000円とか1万円だったら、駄目もとで利用する人も多いでしょうし、問題にされる可能性も少ないようにも思います。

 それと、もうひとつ、グーグルやヤフーの検索結果が、マーケティングにとって重要な意味を持つことになってきている現状では、独占禁止法など競争政策上の問題も出てきますね。消費者側の選択が恣意的に歪められる恐れもないとはいえません。

これについては、もう少し考えていきたいと思います。

« (続)譲渡担保についての最高裁判決 | トップページ | TBCの個人情報流出判決 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/13820227

この記事へのトラックバック一覧です: 検索サイトについて思う:

« (続)譲渡担保についての最高裁判決 | トップページ | TBCの個人情報流出判決 »